HOME > 治療について > 免疫細胞療法とは > CD3-活性化自己リンパ球療法(CAT療法)

CD3-活性化自己リンパ球療法(αβT細胞療法)

がん細胞を攻撃する免疫反応で中心的な役割を担っているT細胞を、体外で活性化・増殖させてから体内に戻す治療法です。
この治療法で主役となるのは、αβT細胞という細胞で、がん細胞を攻撃する働きがある細胞障害性T細胞(CTL)やヘルパーT細胞といった細胞が含まれます。一方、がん細胞に対する攻撃を抑制する作用のあるTreg細胞は、ほとんど含まれないため、この治療法により、がんに対する攻撃力を高めることができると考えられています。

治療の流れ

CAT療法の流れ

ページの先頭へ

お問い合わせ・ご相談について

無料相談受け付け中です 治療開始までの流れ お問い合わせ・無料相談

ページの先頭へ